日本臨床心理カウンセリング協会の公式ホームページです。

JACCへのお問い合わせ
                         メールマガジンの登録/解除はこちら

 
イベントインフォメーション
企業の方へ
カウンセラーの方へ
オススメ書籍
協会刊行物
心理カウンセラーサポートサイト JACCブログ 
携帯サイト
カウンセラー検索ナビ
ダイアログキャンプ
こころ相談室 KEICHO

JACC認定資格5年更新制度について

JACCでは、世の中の多くの方が安心して本会の心理カウンセラーに心理カウンセリングを受けられるように、また、本会の認定資格保有者(臨床心理カウンセラー、認定臨床心理療法士、催眠心理セラピスト)が、社会の中でより適切に活動していくために、JACCが発行する認定資格には5年間の有効期限がある更新制度を設けています。

取得した認定資格の認定期間中の5年間で、更新条件を満たすことで認定期間が5年延長更新されます。

なお、2013年1月1日付にて、5年更新制度の改定がありました。改定についての詳細はこちらをご覧ください。



更新条件

 認定資格の有効期間中の5年間で、
 「JACCが主催する更新条件必須イベント」に毎年1回、合計5回出席すること。

 何等かの理由で参加出来ない場合は
 JACCが規定する書籍を読みJACCが規定するフォーマットのレポートを提出することでイベント1回の出席の
 代りとなる。


  更新イベントの詳細はこちらのページでご確認ください。



更新条件を満たすために行うこと

 ・JACC主催イベントに参加する際は会員カードを提示すること
 ・1年に一回、活動状況を記入した「活動内容調査票」を毎年提出すること(必須ではありません)



5年延長更新のための手続き

 ・認定資格の有効期限日までに5年延長更新申請書を提出する
 ・更新料5万円を振込む



更新条件が満たされない場合

 有効期間中に「JACCが主催するイベント」に合計5回出席できない場合、
 あるいは出席の代りとなる書籍のレポート提出が合計5回出来ない場合は、
 認定資格の延長更新が不可となり、認定資格を喪失します。

 認定資格を喪失すると「JACC資格を所有しない臨床会員」となり、年会費をお支払いただきます。
 なお、年会費のお支払が1年以上滞りますと会員資格を失う退会となります。



ご不明な点はこちらのフォームからお問い合わせください。