日本臨床心理カウンセリング協会の公式ホームページです。

JACCへのお問い合わせ
<<  2024年02月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
イベントインフォメーション
企業の方へ
カウンセラーの方へ
オススメ書籍
協会刊行物
心理カウンセラーサポートサイト JACCブログ 
カウンセラー検索ナビ
ダイアログキャンプ
こころ相談室 KEICHO
携帯サイト
カウンセラーサポートサイト

JACCより心理カウンセラーへ有益な情報をお知らせしています。
掲載されている情報については、直接、主催者へお問い合わせください。

2023.12.24開催「家族の『世代間連鎖』という呪縛からの解放〜心の承継、遺産相続を価値あるものにするために〜」<Zoom>  [2023年12月06日]
2023年12月26日開催
家族の『世代間連鎖』という呪縛からの解放
〜心の承継、遺産相続を価値あるものにするために〜」<Zoom>
主催:インスティテュート・オブ・プロフェッショナル・サイコセラピー(IPP)
 
●このような方へお薦め
「負の世代間連鎖」に興味のある方
ワンランク上のカウンセリングを学びたい
家族間の問題や遺産相続等の相談業務に携わっている方
 
プロセスワークの日本の第一人者である富士見ユキオ先生と岸原千雅子先生が開催する専門家向けのセミナーのご紹介です。
心理臨床のスキルUpを考えている方にはお薦めのセミナーです。
 
参加を希望される方は、直接主催者へご連絡ください。※ご参加を希望される方は必ず詳細をご確認ください。
 
_____
       主催者からのメッセージ   _____
 
1)セラピーで繰り返し聞く訴えに、親世代、祖父母世代から受け継ぐ「心の負の遺産」に関するものがあります。
 
「親から『我慢しなさい、歯を食いしばって頑張りなさい』と言われて、とても嫌だったけれど、気がついたら、自分が子どもたちに同じことを言っているのが、情けない」
「私が受けた親からの仕打ちを、子どもに経験させたくない」
「自分の世代で、断ち切りたい」
「祖父母世代から続く、負の歴史を終わらせるために、子どもを作りませんでした。次の世代がいなくてホッとしてはいるものの、今でも心の整理はすんでいません」
 
2)こうしたことは、心の「負の世代間連鎖」と呼ばれるものです。
「世代間連鎖」は、家族療法家マレー・ボーエンが、「ジェノグラム(家族図)」と共に発案した概念です。
 
負の世代間連鎖には、たとえば暴力や虐待などのDV、複雑性トラウマ、アルコール依存などの依存症や共依存、機能不全家族とアダルトチルドレン、解離などがあります。
それは、前の世代から続く、心の「負の遺産相続」とも言えるでしょう。
多くの場合、繰り返される悪運や悪夢やカルマ(業)のように感じられます。
 
3)私たちは、親、祖父母やさらに上の世代から、「正の遺産」だけでなく「負の資産」を受け継ぎます。 
 
脳が大きくなった人間は、「生理的早産」の結果、未熟なまま生まれ、他者に「依存」しなければ生きていけません。
そのため、親や上の世代の影響を強く受けないわけにはいかなくなりました。
これによって、正と負の世代間連鎖(カルマ)の中に、巻き込まれます。
幼少期のあなたや私は、その世代間連鎖の呪縛に、無力あるいは非力です。
 
4)私たちは、事業承継や相続についての、心の相談、心理支援を行っています。
 
なぜなら事業や資産を承継・相続するにあたっては、心、精神、情緒、魂、スピリチュアリティ、宗教性なども受け継がれるからです。
心の承継や相続は、無意識裡に少しずつ進みます。
だからわかりにくい。 
 
心理支援には、心の承継のプラス面とともに、マイナス面、上の世代の心の「負債」にも、着目することが欠かせません。
 
5)心の負の遺産は、私たちに、苦しみ、痛み、辛さ、みじめさ、恥、空虚さ、不安、恐怖をもたらします。
それを直視し、ブッダは「人生は苦である(Life is suffering)」と述べました。
 
フロイトやユングは、苦痛や辛さ、みじめさ、空虚さ、恥、不安、恐怖といった負の感情とあなたが向き合い、あなたらしい人生を送る心の力を身につけるように支援しました。
 
6)心の負の遺産の中で、最も困難なのは何でしょう?
 
負の相続の中核には、何があるでしょうか?
そこには、精神病水準からくる「典型的パターン」が見られます。
 
このパターンを、ユング派は「コンステレーション」、プロセスワークでは「ドリーミング・パターン」、ビオン派は「選択された事実」と呼びました。
 
7)心の負の遺産が、取り扱い困難なのは、それが「精神病水準」をベースとしたプロセスだからです。
 
W.ビオンはそれを、「言葉にならない恐怖」と、またD.スターンは「形にならない不安」と言っています。
 
この恐怖や不安は、「言葉にならず、形をとらない」ので、家族の場全体に蔓延し、浮遊し、取り憑いて、私たちを苦しめます。
 
8)M.マーラーは、それを「共生状態」と考えました。
 
それは境界のない、「味噌もくそも一緒」のありようです。
暴力装置にもなりかねないこの状態に、ユングは、繰り返し注意を喚起しました。
 
9)こうした精神病水準のプロセスは、心の健康な「内的世界(コスモス)」を融解し、無に帰し、破滅させるアンチ・コスモス(反コスモス)です。
 
それは、個人や家族の心を解体する(個人や家族の)「内側に起因する暴力や狂気」です。
M.クラインやフロイトは、それを「死の破壊力」と考えました。
 
10)心の負の遺産との取り組みには、世代をまたいで受け継がれる、この精神病次元の「無意識的なパターン」を見抜けるかどうかに、かかっています。
 
注意点は、それが『精神病水準由来』であることへの理解です。
セミナーでは、精神病水準に根差した無意識的パターンとの取り組みを、基本から学びます。
 
11)この世に生れ落ちた時から私たちは、心の負の遺産を担わされます。
 
そのことに「不当感」を感じ、「犠牲者意識」にまみれても不思議ではありません。
今回、世代間連鎖する心の負の遺産、あなたが不当だ、もうやめにしたい、と考える家族のシャドウ(影)との取り組みを試みます。
 
12)そこで着目したいのが、E.エリクソンが創造した「ジェネラティビティ」です。
 
「生殖性」「次世代育成性」「事業承継性」と訳される"generativity(ジェネラティビティ)" は、心の正の資産を、子どもや孫の世代に贈与します。
 
13)それに対して、ジェネラティビティの「欠如」と心の負の遺産とは、密接に関係しています。
 
また、ジェネラティビティの欠如は、世代間をまたぐ「破壊的権利付与」を生みます。
破壊的権利付与とは、家族療法を実践する精神科医B.ナージの造語で、前の世代から受け継いだマイナスの経験を、私も行使する権利がある、とする妄念です。
この無意識の権利意識が、負の世代間連鎖をもたらす家族の心の背景に、連綿と受け継がれるのです。
 
15)心の負の遺産は、いわば数世代に渡る心の「毒」であり、「ゴミ」です。
 
が、「薬」は毒から、「黄金」はゴミや卑金属から発見されます。
そう教えるのは、心理的錬金術です。
セミナーでは、心の負の遺産を、正の資産や豊かさ、果実に変化させるプロセスに取り組みます。
 
16)あなたは、心の負の世代間連鎖を断ち切って、不当感や委縮した犠牲者根性を「力みなぎる丈夫で自由なマインド」に変化させることに、興味がありますか?
 
もし "Yes" であれば、心の負の遺産を「自覚的に所有する」ことです。
そして、負の遺産の背後に潜むドリーミング・パターンを見抜くことです。
 
17)「心の負の遺産」に所有されるのではなく、「あなた」が所有する側になる。
 
心の負の遺産を「性急に」消去しようとするのではなく、「まずは」しっかりとホールドし、心に置くことができるようになること。
そこから、あなたの全体性を内側からエンパワーする心理的錬金術の過程が始まります。
ユングは、錬金術の容器は「水」であり「火」である、と不思議なことを述べました。
この不可思議な容器に包まれると、あなたの心に「温かさ」が生まれます。 
 
あなたの心に、豊かなジェネラティビティが育成されます。
そのときあなたは、負から正に変容した遺産を活用した内的宇宙(コスモス)を、創造できるでしょう。
世代間連鎖から適切な距離を取り、実りあるあなたらしい人生を歩んでいることでしょう。
 
18)今回「家族の『世代間連鎖』という呪縛からの解放〜心の承継、遺産相続を価値あるものにするために〜」にご関心のあるセラピスト、コーチ、コンサルタント、アドバイザー、ケースワーカー、ナース、医師、保健師、ボディワーカー、弁護士、教育関係者の方、ファミリービジネスの専門家の方、そして一般の方、初心者の方のご参加をお待ちしています。
 
※当日セミナーにご参加できない方は、USBと資料の形でセミナー内容をご購入いただけます。
※データのダウンロードにて、音声&資料をご購入いただくことも可能です。
※SNSなどを通じて、お知り合いの方に、このセミナーをご紹介いただけると幸いです。   

【開催日時】2023年12
12月24日(日)10:00~17:00 開場:9:50
  
【開催方法】zoomオンライン会議での開催になります
     (参加お申し込みの方に詳細をお伝えします)
 
 ご自宅のPCやタブレット、スマートフォンなどからの
 オンラインでの受講が可能です。
 
 ※zoomオンラインでのご参加に向けて、
  事前にpdfファイルにて資料をお送りしますので、
  12月22日までにお申し込みください。
 
【講  師】 
  富士見ユキオ
  開業カウンセラーとして、34年目。
  夫婦カウンセラー、ファミリーセラピスト
  臨床心理士
  ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者
  交渉アナリスト1級 日本交渉協会認定
  相続アドバイザー協議会認定会員
  ニュー ヨーク州立大学卒業(人類学部)
  米国トランスパーソナル心理学研究所に、
  日本人として初めて留学する。MA(修士)
  認定プロセスワーカー
 (日本にプロセスワークを紹介、導入する)
 
 岸原千雅子
  臨床心理士、公認心理師
  「アルケミア」こころとからだの相談室代表
  ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者
  交渉アナリスト1級 日本交渉協会認定
  相続アドバイザー協議会認定会員
  英国IFA認定アロマセラピスト
  お茶の水女子大学卒業(文教育学部)
  認定プロセスワーク2ndトレーニング教師
  日本ホリスティック医学協会顧問
  日本トランスパーソナル学会理事
 
【参 加 費】20,000円+消費税(10%)
  
※当日ご参加できない方にも、USB&資料の郵送にて、あるいはデータのダウンロードにて、セミナー内容を販売しています。
 
USB(音声データ)&資料購入の場合は、郵送費込で1,800円プラス、
ダウンロード(音声&資料データ)の場合は、手数料(500円)のみのプラスでご提供いたします。
 
 
【お申し込み・問い合わせ先】
インスティテュート・オブ・プロフェッショナル・サイコセラピー
IPP(Institute of Professional Psychotherapy)
IPP事務局(Administration Office)
Mail: 
info@ipp.tokyo
Fax: 03-5570-2860
 
 
**********************************************
《今後のセミナーご案内》
2024年
1月28日(日)
2月25日(日)
3月24日(日)
4月21日(日)
5月26日(日)
 
※セミナー、連続講座とも、USB音声データと資料で、およびデータのダウンロードにてご購入いただけます。(詳細は、お問い合わせください)
 
お問い合わせ・お申込み先 :
インスティテュート・オブ・プロフェッショナル・サイコセラピー
(IPP)事務局
Mail:info@ipp.tokyo
Fax:03-5570-2860
 
.
 
タグ:専門家POP家族療法
Posted at 11:41