日本臨床心理カウンセリング協会の公式ホームページです。

JACCへのお問い合わせ
<<  2022年09月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
イベントインフォメーション
企業の方へ
カウンセラーの方へ
オススメ書籍
協会刊行物
心理カウンセラーサポートサイト JACCブログ 
カウンセラー検索ナビ
ダイアログキャンプ
こころ相談室 KEICHO
携帯サイト
カウンセラーサポートサイト

JACCより心理カウンセラーへ有益な情報をお知らせしています。
掲載されている情報については、直接、主催者へお問い合わせください。

2022.4.24開催「心の分離/分化と発達成長、その微細な変容過程を体得する~関係性プロセスへの『ミクロの決死圏』~」<Zoom>  [2022年04月06日]
2022年4月24日開催
心の分離/分化と発達成長、その微細な変容過程を体得する
 ~関係性プロセスへの『ミクロの決死圏』~<Zoom>
主催:インスティテュート・オブ・プロフェッショナル・サイコセラピー(IPP)
 
●このような方へお薦め
心の発達成長過程について興味のある方
セラピーでの分離/分化について学びたい方
  
 
プロセスワークの日本の第一人者である富士見ユキオ先生と岸原千雅子先生が開催する専門家向けのセミナーのご紹介です。
心理臨床のスキルUpを考えている方にはお薦めのセミナーです。
 
参加を希望される方は、直接主催者へご連絡ください。※ご参加を希望される方は必ず詳細をご確認ください。
 
_____
       主催者からのメッセージ   _____
 
1)セラピーの中核的な目的の1つに、「分離/分化」があります。
あなたは、分離(separation)/ 分化(differentiation)について、聞いたことがありますか?
分離/分化は、精神分析、トランスパーソナル心理学、そしてマレー・ボーエンの家族療法、錬金術的セラピーの中心テーマです。
 
2)初めて分離/分化について聞いたとき、私たちはその意味をよく把握できませんでした。
違和感を感じ、なぜセラピーで分離/分化をすすめるのか、当時、よくわかりませんでした。
 
3)「私」という個人の心、すなわち自我や主体は、セラピーにおいて、発達心理学の分離/分化をベースに考えられてきました。
精神分析やトランスパーソナル心理学は、発達心理学です。
ボーエンの家族療法は、発達心理学の影響下にあります。
錬金術的セラピーは、分離/分化を、変容との絡みで考えます。
 
4)日本に生まれ育った私たちにとって、分離/分化、個人や主体といった考えや概念は、当初なじみませんでした。
それらとは逆の、共生、融合、一体、同調、同一性に親和性を感じていました。
 
5)しかし、セラピーをいい形で進めるには、またクライエントを支援するには、分離/分化について、学ばずにはいかなくなりました。
なぜなら、現代の多くの心理的な困難課題が、「共生、融合、一体、同調、同一性」の病理に関係していることが、見えてきたからです。
 
たとえば、過剰適応や摂食障害、強迫性障害、共依存やDV(ドメスティック・バイオレンス)、アルコールなどの物質依存症、買い物やセックス、ゲームや窃盗癖などの行為依存症、など、あるいは、精神病水準、自己愛や境界性パーソナリティ障害の心、とくに「自己愛構造体」と言われる固い構造の心、こうした困難な心の回復や癒し、解放には、「分離/分化」を通じた心の「個人/主体づくり」の必要性が、明らかになったからです。
 
6)特に、「解離」との取り組みには、微細なレベルでの分離/分化が欠かせません。
解離、自己愛構造体、摂食障害、依存症、共依存、DVには、実は「粗雑な」切り離しが関係しています。
しかし、それらからの癒し、回復、解放には、「微細な」分離・分化が欠かせません。
あなたは、『粗雑な』切り離しと、『微細な』分離/分化との違いに、ご関心がありますか?
 
7)この違いの理解は、困難な心の課題、症状、訴えとの取り組みに、とても有益です。
そこには、コンパートメント(compartment、仕切り、区切り)、コンテイニング(containing、包含、封印)、ドリーミング(dreaming、夢見)が求められます。
 
8)精神分析、トランスパーソナル心理学、ボーエン派家族療法は、心の悩み、問題、訴えを、単に「病理」ととらえません。
代わりに、心の成長発達の「停止、阻止」や「停滞、固着」を見ます。
治すのではなく、成長、変化、成熟、変容を促すことで、悩み、問題、訴えからの解放を試みます。
 
9)さて、ここで「無理心中」から考えてみましょう。
親が、自分と子どもの将来に絶望し、子どもと一緒に無理心中する。
これは、日本で育った人には、小説で読んだことがあったり、聞いたことがあったりして、なんとなく知った話のような気がするかと思います。
そのことを、富士見がアメリカに留学中に、文化人類学の授業で発表したところ、大変驚かれたのをよく覚えています。
 
無理心中について、ほとんどの学生が聞いたことがなかったからです。
よく調べてみると、諸外国にも心中事件はあるのですが、一般にはあまり知られていません。
 
10)そのため、学生たちが驚いたのです。
その理由は、子どもにも人権はある、というところから来ていました。
たとえ乳幼児や子どもであっても、親と子どもは別人格だ。
だから、親が将来を憂い、死にたいのなら、親だけ死んで、子どもは施設などに預けたらいい、といった考えがほとんどでした。
 
11)その子どもが大人になって、親が自分を道連れに無理心中をしようとしていた話を聞いても、日本で育った人は驚きはするでしょうが、どこか「そんなものか」と思い、疑問を抱かない場合が、少なくありません。
親と子どもが、ともに「共生、融合、一体、同調、同一性」の渦(うず)の中に〈呑み込まれている〉ためです。
ユング心理学は、この「共生、融合」の渦に呑み込む働きを、「グレートマザー(元型)」と呼びました。
 
12)そのマインドのまま大人になった人は、自分の考え、気持ち、本音を、脊髄反射的に〈呑み込む〉ことが少なくありません。
そこに、主体性、自我、「私」はありません。
知らぬ間に、本人がグレートマザー(共生、融合、一体、同調、同一性状態)になっていて、自分で自分の考え、気持ち、本音を〈呑み込んでいる〉、ということに、気づかないためです。
そのことによる苦しみが、解離、自己愛構造体、摂食障害、依存症、共依存、過剰適応、強迫性障害、買い物依存、セックス依存などの背景にあります。
 
13)このセミナーは、「共生、融合、一体、同調、同一性」からの解放と自由、癒し、回復、変容を試みるものです。
「分(わ)かる」は、「分ける」つまり「分離/分化」から生まれます。
分離/分化は、イメージや言語によって進みます。
しかし、そこには、イメージや言語を付与/贈与する他者との関係性が、欠かせません。
 
14)いま、問題は「共生、融合、一体、同調、同一性」であるかのように、述べました。
実はそれだけではなく、『粗雑な』分離/分化が、そこに伴っています。
 
15)ではどうすると、いいのでしょうか?
粗雑な分離/分化の背景あるいは深みに赴いて沈潜し、そこで分離/分化を『丁寧に、微細に』やり直すことが求められます。
それは、関係性におけるミクロの決死圏あるいはミクロコスモス(小宇宙)への微視的旅といえるでしょう。
微に入り、細を穿(うが)つようにして、関係性におけるミクロコスモスを旅し、そのプロセスを体得する、のが今回のセミナーの目的です。
 
16)分離/分化は、心の発達成長の核心です。
このセミナーでは、分離/分化のための内的宇宙船の作り方、その操縦法、宇宙服、セラピストとクライエントのチームワーク、微視的旅の仕方などについて学びます。
 
17)そのことによって、あなたは主体性、個人の尊厳、「私」、個性について学ぶことできます。
あなたは、自分の考え、気持ち、本音を〈呑み込まなく〉なります。
自分の想いや情緒を、自分の言葉で表明/表現するようになります。
なぜなら、無理心中をしようとした、あるいは自分の考え、気持ち、本音を〈呑み込もう〉とした真の理由を分離/分化できるからです。
あなたは、「真の理由」の分離/分化にご関心がありますか?
 
18)また、ボーエン派家族療法のいう「世代間境界」を理解できるでしょう。
ファミリービジネスにおける家族と経営を分離/分化しやすくなります。
発達心理学の心の成長と、心理錬金術の変容過程を体得できるでしょう。
 
19)今回、「『分離/分化』と心の発達成長の微細な変容過程を体得する〜関係性プロセスへの『ミクロの決死圏』〜」にご関心のある対人援助の専門家、専門家を目指す方、初めて聞く内容だけれど、日々の暮らしに、また家族、ビジネス、対人関係に活かしたいと考えている一般の方、初心者の方、そしてこの困難なテーマを生活の糧にしたいあなたのセミナーへのご参加をお待ちしています。
 
   
※当日セミナーにご参加できない方は、USBと資料の形で、セミナー内容をご購入いただけます。
※データのダウンロードにて、音声&資料をご購入いただくことも可能です。
※SNSなどを通じて、お知り合いの方に、このセミナーをご紹介いただけると幸いです。   

【開催日時】2022年4月24日10:00~17:00 開場:9:50
  
【開催方法】zoomオンライン会議での開催になります
     (参加お申し込みの方に詳細をお伝えします)
 
 ご自宅のPCやタブレット、スマートフォンなどからの
 オンラインでの受講が可能です。
 
 ※zoomオンラインでのご参加に向けて、
  事前にpdfファイルにて資料をお送りしますので、
  4月22日(金)までにお申し込みください。
 
【講  師】 
  富士見ユキオ
  開業カウンセラーとして、33年目。
  夫婦カウンセラー、ファミリーセラピスト
  臨床心理士
  ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者
  交渉アナリスト1級 日本交渉協会認定
  相続アドバイザー協議会認定会員
  ニュー ヨーク州立大学卒業(人類学部)
  米国トランスパーソナル心理学研究所に、
  日本人として初めて留学する。MA(修士)
  認定プロセスワーカー
 (日本にプロセスワークを紹介、導入する)
 
 岸原千雅子
  臨床心理士、
  「アルケミア」こころとからだの相談室代表
  ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者
  交渉アナリスト1級 日本交渉協会認定
  相続アドバイザー協議会認定会員
  英国IFA認定アロマセラピスト
  お茶の水女子大学卒業(文教育学部)
  認定プロセスワーク2ndトレーニング教師
  日本ホリスティック医学協会理事
  日本トランスパーソナル学会理事
 
【参 加 費】20,000円+消費税(10%)
  
※当日ご参加できない方にも、USB&資料の郵送にて、あるいはデータのダウンロードにて、セミナー内容を販売しています。
 
USB(音声データ)&資料購入の場合は、郵送費込で1,800円プラス、
ダウンロード(音声&資料データ)の場合は手数料(500円)のみのプラスで、
ご提供いたします。
 
 
【お申し込み・問い合わせ先】
インスティテュート・オブ・プロフェッショナル・サイコセラピー
IPP(Institute of Professional Psychotherapy)
IPP事務局(Administration Office)
Mail: 
info@ipp.tokyo(メールアドレスが変わっています)
Fax: 03-5570-2860
 
 
**********************************************
《今後のセミナーご案内》
2022年 
5月29日(日)
6月26日(日)
7月31日(日)
8月28日(日)
9月25日(日)
 
《新連続講座のご案内》
☆「錬金術的家族療法〜見えない家族の「宝」を見える化する試み〜」
開催日:2022年1月7日(金)スタート
毎月第1金曜日19:00〜20:50、全10回
 
 
《開催中の連続講座・ご案内》
☆「クリニカル・ディヴィネーション 〜運と縁と偶然を生きる心理学〜」 
開催日:10月22日(金)スタート!
毎月第4金曜日 19:00〜20:50、全10回
 
☆「濃密なウェルビーイングとライフスタイルのデザイン」  
開催日:7月8日(木)スタート
毎月第2木曜日 19:00〜20:50、全10回
 
 
※セミナー、連続講座とも、USB音声データと資料で、およびデータのダウンロードにてご購入いただけます。(詳細は、お問い合わせください)
 
お問い合わせ・お申込み先 :
インスティテュート・オブ・プロフェッショナル・サイコセラピー
(IPP)事務局
Mail:info@ipp.tokyo
Fax:03-5570-2860
 
.
 
タグ:専門家一般POP
Posted at 13:18