日本臨床心理カウンセリング協会の公式ホームページです。

JACCへのお問い合わせ
<<  2021年09月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
イベントインフォメーション
企業の方へ
カウンセラーの方へ
オススメ書籍
協会刊行物
心理カウンセラーサポートサイト JACCブログ 
カウンセラー検索ナビ
ダイアログキャンプ
こころ相談室 KEICHO
携帯サイト
カウンセラーサポートサイト

JACCより心理カウンセラーへ有益な情報をお知らせしています。
掲載されている情報については、直接、主催者へお問い合わせください。

2020.12.27開催「共依存から相互依存へ~癒し、回復、変容の旅~」セミナー<Zoom>  [2020年12月01日]
2020年12月27日開催
「共依存から相互依存へ~癒し、回復、変容の旅~」セミナー<Zoom>
主催:インスティテュート・オブ・プロフェッショナル・サイコセラピー(IPP)
 
●このような方へお薦め
共依存、係関中毒、関係アレルギー、家族システム論、縁起について学びたい方や興味のある方
 
 
プロセスワークの日本の第一人者である富士見ユキオ先生と岸原千雅子先生が開催する専門家向けのセミナーのご紹介です。
このセミナーでは、共依存、関係中毒、関係アレルギー、家族システム論、縁起について学びます。
心理臨床のスキルUpを考えている方にはお薦めのセミナーです。
 
参加を希望される方は、直接主催者へご連絡ください。
※申込先が変わりましたので、お参加を希望される方は必ず詳細をご確認ください。
 
_____
       主催者からのメッセージ   _____
  
1)家族療法家のマレー・ボーエンは、子どもの心の問題を、その子どもと直接会わず、子どもの両親との夫婦セラピーを行って、解決したことで知られています。
 
子どもは、家族全体に及ぶ相互依存関係の1側面である、と考えるからです。
 
両親の関係が健康になるようにサポートすることで、両親と相互関係にある次世代の子どもに、プラスの影響が波及することを意図するのです。
 
魔法とは違います。
 
ボーエンはシステム論に基づいて、豊かで、良質なセラピーを家族に提供しました。
 
2)健康な関係とは「相互」依存であり、不健康な関係とは「共」依存です。
 
あなたは、相互依存と共依存の質的違いをご存知ですか?
 
3)たとえば、アルコール依存者に対して、パートナーや家族が、依存の問題に向かい合おうとせず、当人に代わって尻ぬぐい、後始末を繰り返すことで表面を取り繕う。
 
そして、何とかなるだろう、何とかなってほしいという甘い妄想期待の下に病的関係を永続させる。
 
それが、共依存です。
 
パートナーや家族は、しばしば大変な迷惑をこうむります。
しかし、自分以外に依存者の尻ぬぐいはできない、後始末をしてくれる人はいないという、マゾ的万能感、達成感にパワー、価値観、優越感をひそかに感じていたりします。
 
表面的には、献身的で、犠牲的ですが、どこかで依存者が自立する機会、行為、力を巧妙に邪魔し、心に砂糖を盛って、自立、自己実現への道を阻みます。
 
そこには、隠れ自己愛障害に特徴的な、裏返った自己中心性が潜んでいます。
 
夫婦やパートナーだけでなく、親子や祖父母と孫の間、上司と部下、教員と生徒、治療者と患者、コンサルタントとクライエントの間でも、しばしば生じます。
 
4)共依存は、「関係」への依存といわれます。
 
が、それは間違いで、共依存には、関係の前提として不可欠な、「真の他者」がいません。
 
そこにあるのは、自己愛的、自己中心的な「独り(よがり)マインド」です。
 
独りマインドは、「他者」とは何なのか、本当のところはよくわからない、という麻痺した感覚をいだいています。
 
5)他者が何なのかわからない2人が依存し合うところから生まれる「関係中毒」。
 
それが「共依存」です。
 
そこに真の関係性はありません。
 
お互いが、相手に対する自己愛的、自己中心的な期待や思惑(おもわく)を、勝手に抱いている。
 
その期待や思惑を互いに投影をし合う。
 
しかし、その中身について、向き合って話し合うことはない。
 
そこにあるのはダイアローグ(対話)ではなく、2つのモノローグ(独白)からなる平行線。
 
6)他者とは、実のところ何なのかわからない。
そのうえで相互投影することによって、暴力性、搾取、サドマゾ的なものが吐出しやすいのも、共依存の特徴です。
 
あなたは、共依存関係に潜み、暴力性、搾取、サドマゾ的なものを触発しやすい投影、特に相互投影についてご存知ですか?
 
ご一緒に学びませんか?
 
7)「相互」依存の前提として不可欠な他者性について、「共」依存に陥っている人は、なぜわからないのでしょうか?
 
精神分析的発達論によると、心が十分に成長を遂げていないためです。
 
精神分析的発達論を広めたマーガレット・マーラーによると、心が「共生期(生後1〜6ヵ月の心の発達状態)」や「分離-個体化初期(5〜14ヵ月)」に留まり、そこに固着しているためです。
 
マレー・ボーエン的には、心の「分化」が進んでいないためです。
 
共依存の精神年齢は、生後1か月〜14ヶ月のどこかで停滞&固着しています。
 
肉体的、社会的に大人であっても、心の成長は乳幼児段階で止まってしまっています。
 
アルコール、薬物、ギャンブル、セックス、ゲームからもたらされる興奮や高揚は、乳幼児に必要なおっぱい(快楽)の代理品です。
 
そうした点について、マーラーやボーエンの心の発達理論から、わかりやすくお伝えします。
 
特に、マーラーの「心の分化」は大変有益な視座です。
 
8)トランスパーソナル&統合心理学のケン・ウィルバーは、心の真の成長は、「超える」と「含む」の2側面から成り立つと言います。
 
ある心の発達課題をやり残したまま、次の発達段階に移行することは可能でしょうか?
 
表面的には可能です。
 
しかし、発達課題は水面下で消えることなく、残されたままです。
 
残された課題から、「依存/中毒(addiction)」が発生します。
 
9)たとえば、乳児が「分離-個体化期」へと発達を遂げたとしましょう。
 
分離-個体化は心の発達段階ですが、部分的には、肉体の成長によってもたらされます。
 
肉体的な成長の陰で、心が発達課題をやり残していたら、心は前段階の「共生期」に固着することになります。
 
心は、「共生期」つまり「融合状態」や「一体化」を求めて、アルコール、ドラッグ、セックス、ギャンブルといった「依存/中毒」を発生させたとしても不思議ではありません。
 
理由は、「共生期」を真に「超えて」いないためです。
 
こうした発達の視点から、「依存」や「共依存」「関係中毒」について考えます。
 
10)サイコシンセシスの創始者ロベルト・アサジオリは、「無自覚に同一化」しているものに、私たちの心は「乗っ取られる」と述べました。
 
これは、心理セラピーにおける記念碑的大発見です。
 
たとえば、あなた(の内的乳幼児)が共生期に無意識に同一化していると、その発達段階に、あなたの心は奪われれてしまいます。
 
そして、アルコール、ドラッグ、共依存などを通じて、融合状態、一体化を求めるよう煽られ、強制されます。
 
あなたは、知らぬ間に、共生期の奴隷、囚人とならざるを得ません。
 
11)奴隷、囚人状態にある共依存と、相互依存とは質的に異なります。
 
相互依存は、心の分離-個体化、心の分化を十分やり遂げたうえで、はじめて可能です。
 
相互依存では、共依存と異なり、ダイアローグ(対話)が可能です。
 
ユングは、「セラピーは、セラピスト-クライエント間の対話や対決を通じてはじめて可能になる」と繰り返し述べました。
 
12)さて、共依存、関係中毒、ラブ・アディクションは、独立や自立することで癒し、回復が可能になる、と考えられたことがありました。
 
これは、1人心理学(one-person psychology)の視点によるものです。
 
それに対して、関係心理学は、良質な相互依存の視座やベースによって共依存、関係中毒、ラブ・アディクションからの癒し、回復、変容が可能になるといいます。
 
13)心の独立、自立、分離-個体化、分化は必要ですが、不十分です。
 
そこには、視座、考え方、パラダイムの転換が欠かせません。
 
参考になるのは、関係療法、家族システム論、大乗仏教の縁起の視座です。
 
こうした視座について、ていねいにお伝えします。
 
このセミナーでは、依存について多層的に理解し、共依存から相互依存への癒し、回復、変容の旅に取り組みます。
 
それは、ユングやマズローの自己実現の過程をサポートするでしょう。
 
14)専門家として特に有意義なのは、クライエント-セラピスト間に生じる相互投影、転移と逆転移、投影同一化、エナクトメンの取り扱いです。
 
また、サイコシンセシスの「無意識同一化」も見逃せません。
 
基本からじっくりと学びます。
 
*このセミナーでは、共依存、係関中毒、関係アレルギー、家族システム論、縁起について学びます。
 
こうしたテーマに関してご関心のある対人援助の専門家、専門家を目指す方、一般の方、初心者の方、そしてあなたのセミナーへのご参加をお待ちしています。
 
※当日セミナーにご参加できない方は、USBと資料の形で、セミナー内容をご購入いただけます。
※SNSなどを通じて、お知り合いの方に、このセミナーをご紹介いただけると幸いです。   

【開催日時】2020年12月27日10:00~17:00開催 開場:9:55
  
【会  場】zoomオンライン会議での開催になります。
      ※参加お申し込みの方に詳細をお伝えします
      ご自宅のPCやタブレット、スマートフォンなどからの
      オンラインでの受講が可能です。
      ※zoomオンラインでのご参加に向けて、
      事前にpdfファイルにて資料をお送りしますので、
      12月25日(金)までにお申し込みください
 
【講  師】 
  富士見ユキオ
  開業カウンセラーとして、31年目。
  夫婦カウンセラー、ファミリーセラピスト
  臨床心理士
  ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者
  交渉アナリスト1級 日本交渉協会認定
  相続アドバイザー協議会認定会員
  ニュー ヨーク州立大学卒業(人類学部)
  米国トランスパーソナル心理学研究所に、
  日本人として初めて留学する。MA(修士)
  認定プロセスワーカー
 (日本にプロセスワークを紹介、導入する)
 
 岸原千雅子
  臨床心理士、
  「アルケミア」こころとからだの相談室代表
  ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者
  交渉アナリスト1級 日本交渉協会認定
  相続アドバイザー協議会認定会員
  英国IFA認定アロマセラピスト
  お茶の水女子大学卒業(文教育学部)
  認定プロセスワーク2ndトレーニング教師
  日本ホリスティック医学協会理事
  日本トランスパーソナル学会理事
 
【参 加 費】20,000円+消費税(10%)
 
※USB+資料の形で、遠方の方にも、講座の内容を販売しています。
 
 
【お申し込み・問い合わせ先】
インスティテュート・オブ・プロフェッショナル・サイコセラピー
IPP(Institute of Professional Psychotherapy)
IPP事務局(Administration Office)
Mail: 
info@ipp.tokyo(メールアドレスが変わっています)
Fax: 03-5570-2860
 
 
**********************************************
《今後のセミナーご案内》
 2021年1月31日(日)
        2月28日(日)
        3月28日(日)
    4月25日(日)
      5月30日(日)
      6月27日(日)
 
 
《開催中の連続講座・ご案内》
☆「瞑想とアートセラピー
〜ライフギバー(いのちの贈与者)心理学〜」
開催日:11月27日(金)スタート
毎月第4金曜日、19:00〜20:50、全10回
 
この連続講座では、さまざまな瞑想について学び、
またその実践を通して、日々の暮らしや人生、そして
いのちを賦活させることを目指します。
 
集中型、アウェアネス型の2種類の瞑想に加え、
その中間型のマインドフル瞑想、さらに
インナー・ワークやサイコシンセシスのワーク、
その他変性意識状態を活用するワークもご紹介します。
 
さらにアートワーク、アートセラピーを、
瞑想によって触発されるクリエイティビティを、
形にしていくために用いていきます。
 
あなたの内的なプロセスに添ったアートを、
いきいきと表現するための仕掛けをたくさんご用意しています。
 
遊戯三昧の心を持って進めていきたいと考えています。
 
 
☆「リレーショナル(関係志向の)交渉術」
〜情緒と内面を使う協働・連携時代の対話〜
開催日:9月10日(木)スタート
毎月第2木曜日、19:00〜20:50、全10回
 
立場や意見の異なるもの、「異質なもの」と、
私たちは、どう手を組み、協働や連携を実現していくのか。
そのためには、感情や情緒と誠実に取り組み、
協力できる関係を育むことが不可欠です。
 
自分の感情や情緒との向き合い方、
相手の情緒や感情への働きかけ方を大切にした、
新しい「ウィン-ウィン」の視座を身に着ける、
現代交渉術をさらに刷新した講座です。
 
毎回、わかりやすく具体的に学ぶための、
良質なケースをご用意しています。
 
心理セラピストやコーチに加え、医療・福祉関係者、
ビジネス・オーナー、エグゼクティブ、
司法、税務、金融、教育のプロ、不動産、
NPOや社会活動/運動に携わっている方、
アーティストやクリエーターの方のご参加をお待ちしています。
 
 
☆「家族のサステナビリティ
〜家族システム論とポストモダン、その対話とゆくえ〜」
開催日:8月7日(金)スタート
毎月第1金曜日、19:00〜20:50、全10回
 
家族のサステナビリティ(sustainability、持続可能性)
についての連続講座です。
21世紀の家族のサステナビリティについて、
従来のシステム論とポストモダンの対話、
ソフト・スキルと超ソフト・スキルを総合し取り組みます。
 
※いずれも、USBと資料の形でご購入いただけます。
(詳細は、お問い合わせください)
 
 
.
 
タグ:専門家一般POP依存共依存
Posted at 16:23