日本臨床心理カウンセリング協会の公式ホームページです。

JACCへのお問い合わせ
<<  2018年11月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
イベントインフォメーション
企業の方へ
カウンセラーの方へ
オススメ書籍
協会刊行物
心理カウンセラーサポートサイト JACCブログ 
カウンセラー検索ナビ
ダイアログキャンプ
こころ相談室 KEICHO
携帯サイト
カウンセラーサポートサイト

JACCより心理カウンセラーへ有益な情報をお知らせしています。
掲載されている情報については、直接、主催者へお問い合わせください。

前の記事  |  次の記事
2018.11.25開催「高機能依存症&共依存症 ~人生を台無しにしないために~セミナー」  [2018年10月31日]
2018年11月25日開催
高機能依存症&共依存症
 ~人生を台無しにしないために~」セミナー<東京>
主催:インスティテュート・オブ・プロフェッショナル・サイコセラピー(IPP)
 
●このような方へお薦め
 高機能依存症、共依存症に興味のある方
 依存症、共依存症の方を支援する専門家
 
プロセスワークの日本の第一人者である富士見ユキオ先生と岸原千雅子先生が開催する専門家向けのセミナーのご紹介です。
 
参加を希望される方は、直接主催者へご連絡ください。
 
_____
       主催者からのメッセージ   _____
 
1)アルコールや薬物、買い物、ゲーム、ギャンブル、性的逸脱などに関する依存症や共依存症。
それらは人の人生を台無しにしかねません。
 
あなたは依存症についてどんなイメージを抱いていますか?
 
意志が弱い、性格破綻者、仕事と家族を失ったダメ人間、すべてを失くした酔っぱらい、(薬物依存に対しては)犯罪・・・。
 
こういった一面的見方、偏見、ステレオタイプが蔓延しているかと思います。
 
2)国際的診断基準ICD-10によると、日本にはアルコール依存症だけでも推定で109万人いると考えられています
(他の依存症を入れると数百万人になるでしょう)。
 
が、アルコール依存の治療を受診している人は4~5万人。
 
109万人中の5万人。
 
たった0.46%に過ぎません。
 
アルコール依存症の95%以上の人は、治療を受けていないことになります。
 
治療されていないアルコール依存症の人の中に、相当数の「高機能」の人が混じっていると、最近理解されるようになってきました。
 
あなたは、「高機能依存症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
 
3)「自分には飲み過ぎの傾向はある。
ときに酒で失敗することもあった。
しかし、自分がアル中のはずはない。
だって、人一倍仕事をやり、成果をあげているから」
 
有能な仕事ぶり、高学歴、高収入、高度専門職、高い社会的地位、さらには、ちゃんとしている(ように映る)生活。
 
こうした高機能さが、アルコール依存症を本人からも、周り(ex.家族、同僚)からも覆い隠し、放置し、慢性化させてしまう。
 
自分はアルコール依存ではない。
 
意志が弱いわけでも、性格破綻者でも、仕事および家族を失ったわけでもない。
 
高機能依存症者は、依存症であるにもかかわらず、ある一定期間にわたって高機能ぶりを保持することができます。
 
しかしそのため、水面下で心身および人との関係に、マイナス影響が積み重ねられます。
 
4)ここで言う「高機能(highly functioning)」とは、仕事で有能さや専門性を高レベルで発揮していることを指します。
 
高学歴(一流大学や大学院出身)、
管理職(経営幹部・エグゼクティブ)、
専門職(医師、弁護士、会計士、ナース、教員・・・)として活躍していることも少なくありません。
 
依存症は、所属階級に関係なく、どの層でも患います。
 
が、従来、社会的、経済的に高機能であることを隠れ蓑に、そうした階層に蔓延する依存症が見逃されてきました。
 
依存症は、社会的地位が低い層、経済的貧困層に多い、と誤解されてきましたが、どの層にも潜む慢性疾患です。
 
5)アルコール依存症だけでも100万人強と考えられているにもかかわらず、医療の世界でも、心理の世界でも、この領域は忌避されてきました。
 
そのため、専門機関および専門家が大変少ない。
 
私たちのところには、仕事で高機能を発揮している、あるいは大成功しているにもかかわらず、アルコール依存、ギャンブル依存、買い物依存、セックス依存、共依存・・・といった訴えがたえません。
 
このセミナーでは、依存症、特に高機能依存症や共依存症について学びます。
 
今まで日本の心理臨床の中で見逃されてきた領域です。
 
6)高機能依存症で苦しんでいる人が、あなたの周りにもいるかもしれません。
 
その人は、見た目はオシャレでエレガント、身なりをしっかりと整えている。
身体的にも魅力的・・・で、いわゆる典型的な依存症の型にはまっていない場合も少なくありません。
 
あなたのクライエントの人の中核に高機能依存症が潜在しているかもしれません。
 
依存症を恥と考え、依存症について話題にしないクライエントの人は、少なくありません。
 
クライエントの人が高機能の場合、セラピストは彼・彼女の依存症を見逃しがちです。
 
6)今回、そうしたことを防ぎ、クライエントの人の心身および関係性を真にサポートするために、高機能依存症、その予備軍や傾向性について基本からじっくりと学びます。
 
7)さて、高機能依存症からの回復や癒し、変容には何が必要でしょうか?
 
専門医、自助グループはもちろん、個人や夫婦や家族などとのカウンセリングが欠かせません。
 
人の人生を台無しにしない、棒にふらないために、不可欠です。
 
8)回復や癒しのために必須のことを、いくつかお伝えします。
 
全体像にご関心がある方は、セミナーをご活用ください。
 
(A)依存症を止めさせることから、依存症の人が抱える生きにくさ~孤独さや誰にもわかってもらえなさ~やライフスタイル全般をサポートすることへ、支援の姿勢を変化させること。
 
(B)依存症を患った人の個人的支援のみならず、また、その人の回復支援を目的とする家族支援にとどまらず、家族自身を直接の支援対象とした家族支援を行うこと。
 
(C)不寛容(厳罰)・直面化から、受容・動機づけへと、サポート態度を変えること。
特に、依存症を負っている人の、回復や癒しへ向けた内的動機づけが重要です。
 
(D)その他(セミナーをご活用ください)
 
9)このセミナーでは、初めて高機能依存症&共依存を取り上げます。
 
時間が許せば、その2つとの関連で、高機能アダルトチルドレン(AC)に関しても取り組みます。
 
*このセミナーでは、高機能依存症&共依存症について取り上げます。
 
今回のテーマについて、良質なケースをもとに具体的に学びます。
高機能依存症&共依存症に苦しんでいる人は、相当数いらっしゃると思います。
このテーマにご関心のある専門家の人、専門家をめざす人、また、一般の人、初心者の人のご参加をお待ちしています。
 
※初心者の方、一般の方のご参加も、心から歓迎いたします。
※USB+資料の形で、遠方の方にも、セミナー内容を販売しています。 
 当日セミナーにご参加できない方も、USBと資料の形で、セミナー内容をご購入いただけます。
※お知り合いの方に、このセミナーをご紹介いただけると幸いです。
 

【開催日時】2018年11月25日10:00~17:00(開場9:50)
  
【会  場】東京都内(詳細はお申込みいただいた方にお知らせします)
 
【講  師】 
  富士見ユキオ
    開業カウンセラーとして、29年目。
    夫婦カウンセラー、ファミリーセラピスト、
    臨床心理士
    ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者、
    交渉アナリスト1級 日本交渉協会認定、
    相続アドバイザー協議会認定会員、
    ニューヨーク州立大学卒業(人類学部)、
    米国トランスパーソナル心理学研究所に、日本人として初めて留学する。
    MA(修士)。
    認定プロセスワーカー(日本にプロセスワークを紹介、導入する)
 
 岸原千雅子
    ミンデル夫妻認定プロセスワーク セカンド・トレーニング教師、
    臨床心理士、
    ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者、
    交渉アナリスト1級 日本交渉協会認定、
    相続アドバイザー協議会認定会員、
    英国IFA認定アロマセラピスト、
    お茶の水女子大学卒業(文教育学部)
    修士、
    日本ホリスティック医学協会理事、
    日本トランスパーソナル学会理事
 
 
【参 加 費】20,000円+消費税(8%)
 
*USB+資料の形で、遠方の方にも、セミナー内容を販売しています。
 
【お申し込み・問い合わせ先】
インスティテュート・オブ・プロフェッショナル・サイコセラピー
IPP(Institute of Professional Psychotherapy)
IPP事務局(Administration Office)
Mail:
ipp@dg8.so-net.ne.jp
Fax: 
03-5570-2860
 
**********************************************
《今後のセミナーご案内》
12月23日(日)24日(月・祝)年末集中セミナー
2019年1月27日(日)
 同  2月24日(日)
 同  3月31日(日)
 
《11月にスタートする新・連続講座》
☆「ケース(事例/症例)を通して、多職種連携を内側から身に着けよう 
~グループによるアクティブ・ライブ・スーパービジョン形式で学ぶ~」 
11月8日(木)スタート
毎月第2木曜日19:00~20:50 全10回(2019年8月まで)
 
《開催中の連続講座・ご案内》
☆「家族の処方箋~ファミリーの危機再生を家族療法・夫婦療法から学ぶ」
6月1日(金)スタート・開催中
毎月第1金曜日19:00~20:50
全10回(2019年3月まで)
 
☆「井筒俊彦とビオンに学ぶ神秘主義的心理療法」
3月23日(金)スタート・開催中 
毎月第4金曜日19:00~20:50
全10回開催(2018年12月まで)
 
※いずれも、USBと資料の形でご購入いただけます。
(詳細は、お問い合わせください)
 
 
 
.
 
 
Posted at 14:23