日本臨床心理カウンセリング協会の公式ホームページです。

JACCへのお問い合わせ
イベントインフォメーション
企業の方へ
カウンセラーの方へ
オススメ書籍
協会刊行物
心理カウンセラーサポートサイト JACCブログ 
携帯サイト
カウンセラー検索ナビ
ダイアログキャンプ
こころ相談室 KEICHO

心理職のための推薦図書一覧

ゴードン博士の人間関係をよくする本―自分を活かす相手を活かす
著書:トマス ゴードン/翻訳: 近藤 千恵 大和書房


トマス・ゴードン博士が創案した「親業訓練法(PET)」は、親教育プログラムでもある、コミニュケーションスキルプログラムです。
本書は親業のメソッドを人間関係に活かす方法を解説しています。
親業のメソッドからみた聴き方、話し方の理論を知ることで、カウンセリングの受容・共感的理解・Iメッセージなどの技法をより深く理解することが出来ます。
より良い臨床を目指す方に読んでいただきたい一冊です。
 .
 

親業―子どもの考える力をのばす親子関係のつくり方
著書:トマス ゴードン/翻訳: 近藤 千恵 大和書房

 
誰でも親にはなれる。でも、「よい親」になるのは難しい。 「親業」とはつまり、子育てのことである。
それをあえて親業としたのは、従来の子育てのなかでは、「子供がいかに育つか」と、子供のほうにばかり重点がおかれていたのに対し、本書では、「子供が育つ上で親がいかに関わるか」という親の側に焦点をあてられて考えられたからです。
親業は心理学を基本にした理論です。

心理カウンセリングの相談内容の中で、一番多い相談が子育てや親子関係と言われています。
ゴードン博士は親子間の日々の対話である話の聴き方・伝え方を、親の方が適切な表現に変える必要があると言われています。
本書は子育てや親子関係の相談業務に携わっている方には有益な良書です。

シングルセッションセラピー
著書:モーシィ・タルモン/翻訳:青木安輝 金剛出版


初回のカウンセリングは良かったと思うんだけど、「次回につながらない」と悩んでいるカウンセラーの方は多いのではないでしょうか?
本書は、著者の「初回面接のみで姿を見せなくなるクライエントが、実はドロップアウトではなく1回の面接で改善しているのでは?」という視点で、
イギリスにあるタビストック研究所へ来院され、初回面接だけで終わってしまった患者さんの追跡調査を行い、数多くの1回のみの面接カウンセリングの事例を集め、シングル・セッションの可能性の根拠と実践のためのさまざまな工夫が書かれています。
1回だけで成功として終わる面接(カウンセリング)であれば、クライエントの負担を軽減するものでもあります。
クライエントの時間=命を大切に出来るカウンセリングの方法のひとつとして、参考にされてみてはいかがでしょうか?

カウンセリング・マインド再考
著者:氏原寛/出版社:金剛出版


本書は、著者の「スーパーヴィジョン」経験から紡ぎだされたカウンセリング論や、「カウンセリング・マインド」など、心理臨床のエッセンスが惜しみなく盛り込まれた論文集である。
著者は、世間一般にいわれてきたカウンセリング・マインドというものが、実は誤解にもとづいたものであり、そのことが現在の臨床心理行為の専門性の確立を阻む一端を担っていると指摘し、心理臨床の源ともいえるカウンセリング・マインドとは何であるかを今改めて問い直す。
また、著者の豊かな経験からもたらされた、スーパーバイザーとしての視点も、臨床に関わる人間にとって必読の価値があるといえよう。最終章では,新たな潮流であるナラティヴ・セラピーを読み解くなど、意欲的な一冊に仕上がっている。

子育てを応援したい人のための育児相談練習帳
著者:永瀬春美/出版社:創元社


本書は、練習帳というとおり読んで考えるワークショップのようになっています。
相談者の相談内容に対してどのように対応したらよいのか?
どのような言葉を書けたらよいのか?
読者が実際に考えられるようになっています。
また、子育てには避けられない事故や病気や子どもの癖に対する対処も基礎知識として記述されています。
著者の豊富な知識と経験が満載の内容です。
子育て支援にたずさわる方には、間違いなく心強い一冊になるでしょう。
子育ての経験はまだ無いのだけれど、子育て中の方の相談を受ける環境にある方は、読んでおかれることを強くお勧めいたします。
 
※現在書店での入手が困難なため購入希望の方は著者ホームページにお問い合わせください。
 
 

カウンセラーのための法律相談 心理援助をささえる実践的Q&A
出口治男[監修]/<心理臨床と法>研究会[編]


心の内面に向き合う心理職を生業としている専門家のなかには、法律や世間に疎いといわれる方もいます。
臨床の様々な場面では、ごく稀に予期せぬことに遭遇する場合があり、その問題を解決するために大変な労力と時間、お金が掛かってしまうことがあります。
本日ご紹介する書籍は、臨床の現場ごとに問題が起こった場合の法律的な見解とアドバイスが書かれています。
掲載されている臨床現場は、「カウンセリング機関」、「スクールカウンセリングの場面」、「児童福祉および医療現場」、「産業カウンセリング」、「その他さまざまな局面」と、ほとんどの場面で起こりうる問題に対して、弁護士等の法律の専門家からの見解とアドバイスがわかりやすく書かれています。

女性心理療法家のためのQ&A
[編]岡野憲一郎/[著]心理療法研究会/星和書店


心理カウンセラーとしてカウンセリングを行っていくと色々なことが起こります。
カウンセラー1人で運営しているカウンセリングルームや、診療内科や相談施設で心理カウンセラーとして働いている場合など治療構造から起きる問題が時として発生することもあります。
また、相談者から答えに窮する質問や要求、激しい感情を受ける時があるかもしれませんし、相談者への対応は本当にあれでよかったのか?と悩んだりしてしまう時もあります。
そのようなときに備え、事前に様々なことを想定し、自分はどのように考え、行動するのかをシュミレーションしておくと「いざ」という時に役立つと思います。

「認知行動療法トレーニングブック」(医学書院)
著者:Jess H.Wright,M.D.,Ph.D. Monica R.Basco, Ph.D. Michael E.Thase,M.D./翻訳:大野裕


本書籍は、米国精神医学会出版局による認知行動療法の教科書的な著作である。
「J.H.Wright,M.R Basco,M.E. Thase “Learning Coginitive-Behavior Therapy,an Illustranted Guide”の日本語訳です。
認知行動療法の有効性は、さまざまな実証的研究で明らかにされ、うつ病性障害をはじめパニック障害、脅迫性障害、社会不安障害などの不安障害、外傷性ストレス障害、パーソナリティ障害、さらには双極性障害や統合失調症などの精神病性の障害まで有効であるといわれています。
すでに欧米では、その臨床評価は定着したものとなっています。日本国内でも、認知行動療法の臨床効果が蓄積されており臨床対象に大きな広がりを見せています。ですが、いざ、認知行動療法を学ぼうとしてもなかなかその機会は恵まれていない現状があります。
本書籍は、認知行動療法を初めて学ぶ方にもその基本から学べますし、臨床現場で実践する専門家までに役立つ内容となっています。

死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)
著者:エリザベス キューブラー・ロス/翻訳:鈴木 晶


だれもが逃れることができない「死」。
死ぬ」ということはどういことなのか?
著者はスイスの心理学者で、アメリカへ渡り200人の末期ガン患者に直接面談し、彼らが死にいたるまで心の動きについて研究された方です。
その面談から人が死に至るまでの心の動きには、5段階の心の変化があることを発見されました。
本著は、1965年ごろのキリスト教が普及されているアメリカで発行されましたので、病院に牧師がいるアメリカの医療環境と、日本の医療環境とでは、時代や宗教感の違いはありますが、「自身の死に直面した人間が、死の直前までにどのように、想い、感じるのか?」その心の動きを理解することが出来ます。
人の人生に携わる職業についている方には、「死生観」を考えるためにも、一度は読んでおいて欲しい「バイブル」としての一冊です。

快~脳がつくり出した人生のストーリー~
著者:池田登


本著は、熊本県で30年間カウンセリングを行なってこられたセラピストの集大成とした発表された書籍です。
30年間のカウンセリングから、クライエントの様々な相談に対する著者独自の問題解決方法が書かれています。
人の脳が感じる『快・不快』によってつくり出される心の問題についての解説と対処方法が余すことなくつづられています。
「脳科学・脳発達に伴う理論」、「防衛反応」、「消えない感情」「記憶と感情と快・不快」、「一次的防衛と二次的防衛」等の内容のほか、多数の事例集も掲載されています。
日々臨床活動をされている方には、ぜひ、読んでいただきたい一冊です。

カウンセリングで何ができるか (単行本)
著者:信田 さよ子


本当に心理カウンセリングは、クライエントの役に立つのか?
心理カウンセリングとは、単なるお悩み相談ではない!もっと生々しく、現実的なものだ。
原宿カウンセリングセンター所長の著者が、長年のカウンセリング経験を通して、カウンセリングの仕事を解説しています。
カウンセラーとして貴方が行っている「カウンセリング」を振り返えるために参考となる1冊です。
この書籍も、じっくりと読み込んでみてください