日本臨床心理カウンセリング協会の公式ホームページです。

JACCへのお問い合わせ
<<  2019年05月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
イベントインフォメーション
企業の方へ
カウンセラーの方へ
オススメ書籍
協会刊行物
心理カウンセラーサポートサイト JACCブログ 
カウンセラー検索ナビ
ダイアログキャンプ
こころ相談室 KEICHO
携帯サイト
カウンセラーサポートサイト

JACCより心理カウンセラーへ有益な情報をお知らせしています。
掲載されている情報については、直接、主催者へお問い合わせください。

2016.3.21開催「ユングに学ぶ心の変容~ 『コンテイナー(心的容器)』とは何か?」<東京>  [2016年03月03日]
2016年3月21日(月・祝日)開催
第1弾セミナー「ユングに学ぶ心の変容~『コンテイナー(心的容器)』とは何か?」<東京>
 
●このような方へお薦め!
 より良い臨床を目指す心理カウンセラーやセラピストの方
  
 
プロセスワークの日本の第一人者である富士見ユキオ先生と岸原千雅子先生が開催する専門家も一般の方も受けられるセミナーのご紹介です。

参加を希望される方は、以下の内容をご確認の上、直接主催者へご連絡ください。

_____
        主催者からのメッセージ _____
 
※専門家の方および初心者の方、一般の方のご参加を歓迎いたします。

1)心理療法で、最も感動的で貴重なプロセスに、心の「変容(トランスフォーメーション)」があります。

変容は、深層心理学の専売特許ですが、「変容」が起きるのは、なぜでしょうか?
どうすれば、心に、変容を促すことができるのでしょう。
今から約35年前にユングの著書を初めて読んだとき、心に変容が起きるということが、不思議でなりませんでした。

2)変容は、
心の質的変化や心の次元が変わることを意味しますが、それには秘密があります。

3)私たちは、変容の秘密を、セラピストの技術(の良し悪し)だと思っていました。
あるいは、メタスキル(メタ技術、セラピストの心の構え)ではないかとも、考えていました。
また、セラピーにおけるアウェアネスやマインドフルネス、と誤解していました。

4)技術も、メタスキルも、アウェアネスも、マインドフルネスも、すべて大事であることは間違いありません。
が、何かが欠けています。

5)なぜ、ユング派や深層心理学の上手なセラピストは、クライエントの人の、心の本質的変容を促すことができるのでしょう?

6)答えは、テクニックでも、メタスキ ルでも、マインドフルネスでもなかったのです。
それがなんだか、想像できるでしょうか?

7)答えは、「道具」(にあったの)です!

(Q)「エッ?、道具・・・ですか?」

(A)「ハイ、道具です。その道具が、『コンテイナー』、すなわち『心的容器』です」

8)腕のいい職人は、いい道具を持っています。
腕のいいセラピストも、道具に抜かりはありません。
外から見ると、職人やセラピストの腕の良さ、技術に見えるものは、道具の良さ、抜きには語れません。
道具は、職人やセラピストの魂です。

9)コンテイナーがないと、心のプロセスは、「ザルに水」のごとく、流れてしまいます。
たとえセラピスト/コーチ/ファシリテータ ーの技術が良かったとしても。
セラピーの内容や、心のプロセスが素晴らしかったとしても。
深い気づきや洞察があったとしても、です。

10)コンテイナーがない場合、プロセスは心に着床することができません。
着床するための場所、容器が、そもそもないからです。
その時、心のプロセスは流れてしまうことになります。
結果、変容、成長、成熟は生じません。

たとえ、いいワークをしたとしても。
いい気づきを得たとしても。

11)心の流産を防ぎ、プロセスを着床させ、プロセスの安全、安定を保つ場、そして、心の変容、質的変化、真の成長、成熟を促す容器、それが、コンテイナーです!

12)ユングは、コンテイナーを、<心の子 宮>に譬(たと)え、心理錬金術の不可思議なコンテイナーとして、「ヘルメスの容器」と呼びました。

13)ヘルメスの容器とは何でしょうか?
その特徴とエッセンスはなんでしょうか?

不可思議で、奇跡や恩寵(おんちょう)、深い癒しを可能にするユングの心理錬金術的容器を作るには、また、それを心理セラピーの中に設置するには、どうしたらいいのでしょうか?

14)それらに全てお答えするのが、今回のセミナーです!

15)コンテイナーは、トランスパーソナル心理学には見当たりません。
人間性心理学にもありません。
「ユングの娘」と呼ばれるプロセスワークにも不在です。

なぜでしょう?
どうしてでしょうか?

16)コンテ イナーを持っているのは、ユング心理学(の古典派と発達派)です。
精神分析の「治療構造論」にも、コンテイナーに通じるところがあります。

17)今回、ユング派や精神分析を参照しながら、心の質的変化を促し、心理療法を錬金術的、神秘主義的なものにする秘密、すなわちコンテイナーについて、その基本から最先端までを、わかりやすく、ていねいに、詳しくお伝えします。
心理療法に深み、味わい、濃淡を増すこと、またプロセスの変容に関心のあるあなたの、セミナーへのご参加を、心からお待ちしています。

※このセミナーは、専門家や専門家を目指す方だけでなく、一般の方、初心者の方のご参加も、歓迎させていただきます。
 
 

 
【開催日時】 2016年3月21日(月・祝日)10:00~17:00 開場:9:50
 
【会   場】 都内(詳細は、お申込みいただいた方にお知らせします)
 
【参加費】 20,000円+消費税(8%)
        ※USB+資料の形で、遠方の方にもセミナー内容を販売しています。
 
【講  師】
 富士見ユキオ
    認定プロセスワーカー(日本にプロセスワークを紹介、導入する)
    臨床心理士
    ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者
    日本交渉協会認定 交渉アナリスト1級 
    相続アドバイザー協議会認定会員 
    ニューヨーク州立大学卒業(人類学部) 
    MA(修士)
    米国トランスパーソナル心理学研究所に、日本人として初めて留学する。 
 
 岸原千雅子
    ミンデル夫妻認定プロセスワーク セカンド・トレーニング教師
    臨床心理士
    ファミリービジネス・アドバイザー資格認定保持者
    日本交渉協会認定 交渉アナリスト1級
    相続アドバイザー協議会認定会員
    英国IFA認定アロマセラピスト
    お茶の水女子大学卒業(文教育学部)
    修士
    日本ホリスティック医学協会副会長
    日本トランスパーソナル学会理事
 

【お申し込み・問い合わせ先】
日本プロフェッショナル・プロセスワーク・インスティテュート(JPPWI)
(旧)プロセスワーク研究会
E-mail:gdmwx113@ybb.ne.jp


Posted at 11:37